【ザックブログ】町中勉強会とタノシモカフェ

2018年3月17日

どうも!ザックです。

ちょうど僕の滞在している間に「町中勉強会」と「タノシモカフェ」と言うイベントがありましたので参加してみました。しかも同じ日にです。ナイスタイミングです。

DSC_2698

まずは町中勉強会がありました。町中勉強会と言うのは1月から3月までに月一回行われる勉強会で、もっと自由に生きるために、今後の新しい働き方や暮らし方を勉強する会でした。地方地域には都会よりは様々な働き方や暮らし方がある気がするので、いいテーマと思いました。僕もこれからは働いて行く身なので個人的にも気になる内容でした。

2月のテーマは「これからの小売の形とファンづくりの秘密」でした。ゲストスピーカーはEVERYDENIMと言うデニムジーンズブランドを立ち上げた兄弟で、岡山県のデニム産業の活性化に結構貢献しているみたいでした。自分たちの履いているジーンズはどこで、どうやって、誰が作っているのかを疑問に思う人たちに、実施に工場へ行って工場見学ツアーなどを企画して活動しています。

小売の形とファンづくりの話に加えてクラウドファンディングの話もありました。クラウドファンディングは地方で事業なりプロジェクトなり何かを始めたいと思う人にとっては凄いツールなんじゃないかと思いました。投資家は利益を求めるがゆえに地方にあまり興味はないが、クラウドなら利益はあまり関係なく面白ければいいですよね。他に結構印象に残ったのは地方で何をしようにも町が衰退している、若い人がいない、人が少ないなどのネガティブなことに囚われない方がいいと。皆ネガティブよりはポジティブが好きなので、どれだけ面白いどれだけ楽しいなのかを考えて発信した方がいいと言う感じの話がありました。

DSC_2700

勉強会終わってすぐにタノシモカフェが始まりました。これは下川町に移住して来た皆さんと地元の皆さんが気軽に交流するイベントでした。持ち寄り形式で皆が美味しいものをたくさん持って来ました。僕はポテトチップスを提供しました(おやつも大事じゃないですか)。皆で楽しく食べて飲んで交流しました。移住したばかりの人と移住して2−3年の人、仕事で来ているとか色々な人がいました。一番面白かったのは下川町に引っ越して来たばかりで、パーマカルチャーの暮らし方をしたいと言うご夫婦さんでした。パーマカルチャーと初めて聞いたけど、持続可能で自給する生き方をそう言うみたいですね。かっこいい生き方ですよね。確かに下川町では自給持続の生き方を十分にできる気がします。

 

ちなみに雪が豊富にあるので氷の必要性はゼロです。

DSC_2709